本社所在でローカル5G実験免許取得

デバイスやユースケースの検証環境として、ユーザー企業やパートナーに開放し、市場の裾野拡大につなげるため、令和2年12月14日付で横浜市の本社に自らローカル5G実験試験局免許を取得しました。



下記はローカル5G設備を利用したアクアポニックス(水耕栽培と養殖を掛け合わせた循環型農業)環境。監視カメラで生育状況を監視しながら、気温、湿度、降水量、風速、風向、水温、水位、土壌水分量などのデータを遠隔でモニタリング。肥料や魚のえさの補充もすべて遠隔から操作できるように自社で取組中。