「認定NPO法人あっとほーむ」の子供たちと豆電球の工作実験を行いました

弊社所在地の横浜市都筑区にある、お迎え付き夜間保育・放課後学童保育・訪問保育など事業を行い、働く女性を応援する「認定NPO法人あっとほーむ」様へ子供たちへ、電気の流れる仕組みを解説したり、豆電球を使った家の中のダウンサイジング配線模型の作り方解説をオンラインで行いました。


本来は弊社に来てもらって延長ケーブルを作る予定でしたが、緊急事態宣言の延長でリモートでやることになりました。


家の中のスイッチと電球とコンセントの仕組みを模擬したものを子供たちに作ってもらいました。(下記が作成モデル)


家の中の電気配線がどうなっているかも見てもらいました。(上のモデルの配線)


リモートで行うので、わかりやすく安全に組み立てられるように試行錯誤して部品を手作りしました。同じ物を何個も作っていると電気工事士の実技試験の練習を思い出しました(笑)


最近の子はドライバーも使えない子が多いと聞いてたのですが、コンセントプラグのねじ止めもうまくできていました。一応、確認の意味も込めて最後の増し締めは先生にやってもらいました。


1時間半でみんなうまく完成できました。


少しだけですが、電気の勉強もしました。



コロナ禍でなかなか思うように外出できない子供たちに、私たちの仕事の技術がわずかばかりでもお役に立てればうれしい限りです。(今回の様子https://fb.watch/7fm6LjQem9/)



以下、あっとほーむ様の情報です。


「あっとほーむ」様のホームページ → https://www.npoathome.com/

Facebook            → https://www.facebook.com/npoathome/

夜間保育・学童保育のページ → https://www.npoathome.com/service.html